セフレとの関係はどうするべきか

女友達となら、どこかへ遊びに行ったり食事をしたりお酒を飲んだりって普通のことですよね。
でも、カカオ 掲示板で見つけたセックスフレンドとなると会えばセックスをするだけという人がほとんどのようです。
けれども何もそれにこだわる必要はなく、たまには食事をしたりお酒を飲んだり、さらには一般的なデートといったものもアリですよ。
セフレと付き合う人ってそんな恋人同士がするようなことが面倒だからというケースも多いのですが、関係を長続きさせたいと思うのならこういった「変化球」も必要です。
いつも会えばホテルへ直行というだけでは、いくらセックスの相性がよくてもマンネリ化してしまいがちです。
セックスとは違うお付き合いをすることでより楽しむことができるというわけです。
ただこれには問題点が起こり得るリスクがあります。
それは、セフレというセックスだけの割り切り関係に感情が入り込む恐れがあるという点です。
つまり、食事をしたりお酒を飲んだり、また遊びに行ったりしているうちに相手が「もしかして私のことが好きなのかも…?」と勘違いしてしまうかもしれないということです。
そういった思い込みは本人の思惑とはうらはらに恋愛感情が生じることもあり得ます。
お互いが相手のことを好きになったのなら、セフレから恋人同士という関係になれば問題はないでしょう。
やっかいなのが一方だけが相手のことを好きになってしまった場合です。
その先発展が見込めないようなら、心を鬼にして関係を断ち切るほうがあとあとトラブルにならなくて済みますよ。
ハッキリ言って恋愛体質の人はセフレには向いていないかもしれませんね。

セフレとの関係はお互いの話し合いで決める

セフレとの関係を一度きりで終わらせる人もいれば長期間に亘って付き合う人もいることから、はたしてセフレとも関係はどのくらい続けるのが正解なのかと迷っている人もいるようです。
しかしセフレとの付き合い方に決まりはなく、本人たち次第といえます。
会う回数についてもどれくらいの頻度で会えばいいのだろうと考える人もいますがこれもその人次第で、毎日会っても構いませんし週に1回や月に1回などそれぞれの事情や環境に応じて会えばいいのです。
セフレ関係は割り切ったものでそれぞれにそれぞれの事情があるはずですから、お互いのルールで付き合えばいいのです。
恋人や妻、夫といった特定のパートナーがいれば毎日会いたくても会えないこともあるでしょう。
毎日会える状況にあったとしても、そう頻繁に会っているとマンネリ化してしまうかもしれないのでお互いに自粛しようという話になるかもしれません。
自分たちで話し合って、ルールを作ればいいのです。
セフレを持つ人の中には、同時に複数の相手と付き合っている人もいます。
相手を束縛しない、そして恋愛感情などのないのがセフレ関係ですから、こういった状況もアリです。
けれどもセフレとの良好な関係を続けたいと思うのならば、できれば相手を一人だけに限定するほうが好ましいでしょう。
とはいえ、セフレなんて関係はいつ終わるかもしれないし、いろいろな相手と関係することでさらにセフレとのセックスが盛り上がるという人もいるでしょう。
つまり、セフレ関係は「何でもあり」なのです。

▲ページトップに戻る