「電話占いってなんかあやしくない?」そう思っている人も多いかもしれません。
しかし、電話占いは対面式占いのデメリットを解消し、誰でも安心して心ゆくまで占いができるという今までにない画期的なサービスなのです。

対面式占いのデメリットとは

対面式占いのデメリットは主に3つ、「移動が必要」「バレるリスク」「お試し不可」というところにありました。

移動が必要

占いの館などで行われる対面式占いの場合は、まずその場所まで移動しなければなりませんし、有名な占い師が必ずしも都会にいるとは限りません。
遠く離れた地方に住んでいる可能性もあります。
移動費の方が鑑定料よりも高くついてしまうこともざらにあるのです。

バレるリスク

占いの館など、占いの為に並ぶ姿を友人や知人に見られるリスクがあります。
内容がばれるわけではありませんが、占いを利用していることが噂になってしまう恐れもあるでしょう。

お試し不可

対面式の場合は鑑定が始まったら「全然当たっていない」と思っても占いを中断することは難しいです。
料金も支払わなければなりません。

電話占いは3つ全てを解決できる

自宅にいながら占いを受けられる電話占いは、移動する必要がなく好きな時間に電話することができます。
そのため友人や知人はもちろん家族にもバレずに占ってもらうことが可能。
占いの館などを利用しにくい男性でも気軽に利用できます。

また、ほとんどの電話占いでは「10分無料お試しサービス」というキャンペーンを行っています。
初回だけの場合もありますし、占い師が変われば毎回10分無料が付いてくるというところもあるので、「当たっていない」と思った占い師に料金を支払う必要がありません。

忙しい人にぴったりの占いが「電話占い」

忙しくてなかなかゆっくり時間をとれないという人でも、時間と場所に縛られない電話占いは利用しやすいサービスと言えます。
また、本当に当たるのか不安がある場合でも、お試しサービスを利用すれば相談者にリスクはありません。

どうして電話占いは霊感やスピリチュアルの占い師が多いの?

電話占いサイトを見たことがある人は気づいている人も多いはずですが、占い師のほとんどが「霊感」「霊視」「スピリチュアル」などの占術を使用しています。
占いの館などではタロットや手相などが一般的なのに、電話占いはなぜ霊感占いばかりなのでしょうか。

なぜ偏る?電話占いにスピリチュアル系占術が多い理由

占いの館と電話占いの差は「ビジュアル」です。
占いの館などの対面式占いの場合はエンターテイメント性が必要になるため、タロットカードや水晶などの道具を使うことが好まれます。
いわゆる「占いっぽさ」が必要なのです。
その点、見た目に派手さが全くない霊感や霊視占いは対面式占いではあまり好まれません。

しかし、電話占いはビジュアルが一切必要ありません。
必要なのは声だけです。
そのため占いっぽい道具は要りませんし、大げさなパフォーマンスをする必要もありません。
そのため、霊感や霊視などのスピリチュアル占いばかりに偏るのです。

霊感・霊視・スピリチュアル系占術の利点と方法

電話占いの相談の多くは、「恋愛」に関するもの。
特に、相手が自分をどう思っているのか、今後どうすれば良いのかなど、これからの行動に関わることを占うことが多いです。
内容が流動的で変わりゆくものの場合、生年月日などで自分の生まれ持った運勢や運命を占う占術は向いていません。
スピリチュアル系の占いでは、相手の心の内を占いながら今の自分を踏まえてアドバイスをもらえるので、よりタイムリーに的確なアドバイスが期待できます。

そして、占いの方法もいたってシンプル。
一般的には、占い師がしばらく瞑想し得たビジョンをもとに話し出すという流れになります。
占い師によっては電話がつながって対して会話をしないうちに占ったことをどんどん話し出すので、驚くかもしれません。

霊感やスピリチュアルは時短占術

タロットを混ぜたり、水晶をのぞき込んだりと余計な手間がかからないスピリチュアル系占術は、時間の制限がある電話占いに最適。
前払いの場合時間がくると勝手に電話が切れてしまう場合もあるので、鑑定に時間がかからない占術は相談者にとっても非常にメリットの大きいと言えます。